30周年記念会YOUTUBE

NPOロングステイクラブ創立30周年記念会開催


                     2020年7月6日 浦和駅東口 PARCOビル コムナーレで開催


会場の第15集会室  広い会場でコロナ対策も十分

朝、受付は忙しい  真渓女史(監理)奮闘
10分前会場風景  コロナ対策で広い会場
大野理事長の挨拶で始まる!
ランチ後の笑顔   高梨顧問と峯尾理事
集合写真 LSCの活動に期待!女性会員も増えました。
田中副理事長〆の挨拶 30周年を皆さんと共にお祝いできたこと嬉しく思います。今後ともLSCを宜しくお願い致します!
30周年記念会YOUTUBE

新理事長挨拶

新理事長挨拶
         
 大野康昭                                                                                                                           

会員の皆様               
私、この度NPOロングステイクラブ理事長に4月1日付で就任致しました。
当クラブに入会して、15年になります。微力ながら伝統ある当クラブの発展に尽力いたす所存ですので宜しくお願い申し上げます。当クラブはシニア世代の「第二の人生を豊かに」をモットウに活動してまいりました。お陰様で昨年で創立30周年を迎え、NPO法人設立からは17年を迎えます。
最近は “人生100年時代”とも言われます。当クラブ創設者の故塚本茂会長が、アメリカの詩人サミエル・ウルマンの詩、 ~ 年を重ねただけでは人は老いない、人は理想を失うとき初めて老いる ~、を引用して老人の持つべき気概を強調されていたのを思い出します。誰しも健康や老後資金などに心配が向けられるが、案外“第二の人生を豊かに”は、この当たリに答えがあるような気がします。

当クラブは、過去4,5年にわたり豪州ブリスベンロングステイ、インドネシア、バリ島ロングステイ、タイ、チェンライロングステイ等手作りの旅行を会員と共に計画し、実行してまいりましたが、新型コロナ禍で各種イベントは中止となり、活動の停滞を余儀なくされました。しかし、近い将来必ずコロナが終焉し、コロナ後の新しい時代が到来します。これを契機に当クラブも新たなロングステイの新しい時代が到来します。これを契機に当クラブも新たなロングステイの道筋を見出し、それに向かって邁進したいと考えております。

昨年創立30周年記念パーティーの予定でありましたが、新型コロナ蔓延による自粛を受け延期いたしましたが、今年、会員、旧会員を招いて、30周年記念会を執り行い、再開の糸口といたす所存です。

皆様、これからもNPOロングステイクラブをよろしくお願い申し上げます。
30周年記念会YOUTUBE

今年はNPOロングステイクラブ創立30周年

◆座談会 旅の報告、紹介、情報交換。
今年はコロナの影響で、3月以降開催してませんが、
通常は、2ヶ月に1回、さいたま市
市民活動サポートセンター(浦和駅前)で開催しております。
                  




◆スクール 旅に関する講演会、当会の活動報告や紹介、会員募集等
毎年春に、川口、浦和、所沢などで開催しています。
今年は、コロナの影響で中止になりました。

 

30周年記念会YOUTUBE

佐久一萬里温泉忘年会

2019原稿佐久一萬里温泉忘年会・真溪佐智子1●佐久・一万里温泉忘年会

佐久一萬里温泉忘年会

会員 真溪佐智子

当クラブでは毎年忘年会を開いていますが、今年は少し遠出をして、佐久一萬里温泉ホテルゴールデンセンチュリ―に行きました。

← 大宮でバスが来るのを待っている。

9名以上だと大宮までバスが迎えに来てくれると言うことで、11名(女性3名、男性8名)でしたのでクリアーしました。今後はもっと女性も参加してほしいです。費用は1210050円と言う格安でしたが美味しいお料理で名物 鯉料理は抜群でした。お部屋もベッドもある大きな部屋でした。男性の部屋はベッドが4つありました。

さて到着後にしなの鉄道駅まで歩いていけたので懐古園へ皆で行きました。しなの鉄道は単線で初めて乗る電車に皆でウキウキ楽しくできました。懐古園は武田信玄ゆかりの城跡で中には島崎藤村記念館がありました。広い園内を皆でくまなく見て回りました。帰って温泉につかり足の疲れを取りました。

夕飯は一部屋用意され,おいしいお料理をおなか一杯頂きました。値段の割には量も豊富でした。お酒は軽くして先にスーパーで各自買い込んだお酒やワイン、おつまみを男性の大部屋に持ち込み皆さん大いに飲み大いに話し日頃なじみのなかった方たちも親しくかなり夜遅くまで盛り上がったようです。

 

 ← 小諸市・懐古園







 ← 冬の浅間山





次の日は朝はバイキングでしたので各自まだお腹がきつい中にまた頑張ってお食事を頂きました。出発のバス時間まで時間があったのでピンころ地蔵へ行くことになりまた昨日と反対方面へ向かってしなの鉄道に乗って思ったより歩きましたがピンころを祈ってきました。そろそろピンピンころりを願う我々にはありがたいお地蔵さまでした。

← ピンコロ地蔵

今回参加者の中に会員さんでプロのガイドさんが同行しましたので、道中は本当にいろいろのことを説明していただき我々
11人専属のガイド付きで楽しい旅行ができました。また近間の旅も企画して安く楽しい旅を考えています。次回はぜひ参加してください。

                 (完)